満腹中枢。

満腹中枢。

このページでは、食事ダイエットを行う上で大事な知識となりうる”満腹中枢”についてご説明したいと思います。 満腹中枢は、脳の視床下部というところに摂食中枢とともに存在しています。 摂食中枢が空腹のサインを出し、満腹中枢が満腹のサインを出します。 ここで大事なのが、いかに満腹中枢をコントロールさせるかです。 たくさん食べてようやく満腹中枢がサインを出す、というのでは遅いということになってしまいます。 以下に、満腹中枢をコントロールできる食事方法をご紹介します。 1.食べる順番を心掛ける  次ページでご紹介します。 2.高価な食材を食べる  少しずつ食べないと、という心理が働くそうです。 3.よく噛む  一口30回が理想とのことです。 4.食材を大きめに切る 5.硬いものをよく食べる 6.品数を増やす 7.食事を小分けにする  まだ足りないと感じた時はお代わりするようにしましょう。 8.複数人で食事する  早食いを防ぎます などが挙げられます。 また、満腹中枢が働きだすのにかかる時間は、食事を開始してからおよそ20分ほどかかると言われているそうなので、基本的にはゆっくりと時間をかけて食べるということがとても大事になってくるとのことです。 ぜひ意識して実践してみてください。

    Copyright(C) ダイエットマニアが教える!知って得するダイエット情報 All Rights Reserved.